勉狂廃人 study madness

TOEIC990点目指す勉強日記。現在955点。カップ麺の上のエビが好き

漢文の素養たるや

明治維新後の日本人が瞬く間に西洋の知識を吸収して
日本の近代化を成し遂げることができた
一つの要因には
当時の日本人の知識水準が
相当なレベルに達していたということが挙げられます

そんなことを

この本を読みながら考えていました
倭の五王」って、明治時代じゃないじゃん(^^)

この本によると
倭の五王が宗に遣使するときには
中国の古典からふんだんに引用をした文書を作って
それを持って行ったそうです
そのことが当時は知識水準の高さを示すものであったと
要するに
日本人はレベルの高い漢文が書けるんです!
だから中国の皇帝様、我々を認めてください!
ってな感じだったのでしょうか(^^)

とはいえ、当時その漢文を作成したのは
中国から来た渡来人の人達だったようですけど(^^)
今で言うと
東大を出ているだとかハーバードを出ているだとかで
知識水準の高さをアピールするのが
当時は漢文の素養があるということだったのではないのかなと
思った次第であります

明治時代の話に戻りますけど
当時の人達の教養というのは
漢文の素養が中心であったはずな訳で

そいつが西洋の知識を吸収するのに
役立ったとするならば

漢文の素養を身につけるってスゴくない?
って思うわけです

以前、どこぞの芸人がテレビで
漢文は中国語なんだから
あれを書き下し文なんかにする勉強は
無駄や!と息巻いているのを
見ましたけど
古事記日本書紀を始め
昔の日本人も漢文で書いていた訳で
むしろ今よりもっと漢文の勉強をした方が
いいのかもしれない

世の中はますますコンピューター時代ですけど
漢文の素養を身に付ければ
この先どんな新しい知識に出会っても
キッチリ対応出来る?かも