勉狂廃人 study madness

TOEIC990点目指す勉強日記。現在955点。カップ麺の上のエビが好き

36本目〜どこにでもいる奴〜新書千本ノック


この本を読むまでの俺の金正恩に対する漠然としたイメージは、イカれた国のイカれた指導者というものだった。特殊な国の特殊な一族に生まれて、特殊な考え方の持ち主に育ってしまったのだろうと思っていた。

しかし、この本を読むに連れ、こういう奴はどこにでもいるんじゃないか、と思うようになった。

金正恩の性格は自己顕示欲と猜疑心が強いという。政治経済に関する知識は乏しく、側近を粛清しまくるのも精一杯虚勢を張って自分を大きく見せようとしている。裏返せば、自分に対する自信のなさなのだ。

こんな奴はどこにでもいる。上司にもいたし、家族にもいた。どこの職場にもどこの会社にもいるのではないだろうか?

大した実力もないのに役職についているというだけでイバっている奴。派手なパフォーマンスで誤魔化す奴。その結果周りにいる人たちが犠牲になる。周りにいる人のいい人たちを利用して、外に対して自分がいい顔をしようとする。

暴力を通じて子供を支配しようとする親、スポーツの指導者、ノルマをチラつかせて部下を怯えさせる上司、俺がいなければお前達は生きていけないだろうと、この会社を辞めたら生きていけないだろうと、生殺与奪の権利を握ることで人権を踏みにじる人たち。

外の世界との交流を絶って、情報が入らないようにする。そういうものだと思い込ませて人々の力を抑え込む。でも、一歩世の中に目を向ければ、もっと幸せな社会がある。もっと幸せな職場がある。もっと幸せな家庭がある。

自己顕示欲の強いリーダーとその犠牲になって苦しい生活を強いられる北朝鮮の人々。同じような構図は日本の社会にもどこにだってあるのだ。

金日成は軍隊を率いて戦争をした。それなりの胆力はあった人物だったのだろう。金正日は異常な狡猾さと残忍さがあったのだろうか。しかし、金正恩は普通の人ではないのか?どこにでもいる、上司にしたくない人、父親にしたくない人、後輩に慕われていない先輩ではなかろうか。もちろん、国のトップだろうが上司だろうが父親だろうが、先輩だろうが、決して正当化などは出来ない。


今度は、北朝鮮という国の戦略について考えてみる。北朝鮮は小さな国だ。あんなに小さな国がどうしてワガママし放題で今まで生き残って来られたのか?

一番大きな要因は軍事力だろう。核武装しているから超大国アメリカでさえうかつに手が出せない。もう一つは中国とロシアであろう。緩やかな結び付きではあっても一応仲間みたいなものが存在している。

自分が考えるのは、この戦略を現代日本社会において、個人が成功するために活かせないだろうか?ということだ。いや、俺がということだ。

まずはワガママ放題やってみる。人の意見は聞かない。適当に神話をでっち上げてみる。3歳で戦車を運転したとかいう、ああいう途方もない奴だ。爆笑問題太田光さんは芸能界でのし上がっていくときに、自分を幕末の登場人物に例えて自分を鼓舞していったという。これは冗談だろうが、俺が救世主なんだ、キリストとは俺のことなんだということも著者の中で言っていた。極端な大風呂敷でいいのだ。俺が世の中を変えるんだ。俺はその為に神から遣わされた人なんだ、ぐらいのことを言ってみるのだ。棚橋選手は俺がエースだ!と言っていたけど。

次は現実的にある程度の実力はなくてはいけない。俺が今持っているのは英検1級くらいだ。アメリカが持っている核兵器北朝鮮のそれとを比べれば、俺が持っている英検1級など北朝鮮核兵器にも劣るかもしれん。やはり、帰国子女とかネイティヴに比べると見劣りしてしまう。でも、俺の生命線だ。

もう一つは仲間だ。自分と共同してくれる人が、どうしても必要だ。太田光さんには田中裕二さんがいた。棚橋選手には真壁選手がいた。鈴木みのる選手にだって、TAKAみちのく選手やタイチ選手がいた。内藤哲也選手はEVIL選手を連れて来た。

そして、他を犠牲にすることか。今までも勉強の為にいろんな楽しみを犠牲にしてきた。でも北朝鮮の国民の人たちほどではないだろう。悪い例えかもしれないが。俺は勉強の為に困窮している訳ではない。食べ物を買うお金を我慢して本を買っている訳ではないし、そもそもそんなことすべきでもない。

でも、心のどこかに、俺の取り組み方は甘くないだろうか?という思いもある。思っているけど、これ以上は出来ないというもどかしさもあるし、これで十分という楽観視する部分もある。

鍵は力と仲間と献身だ。北朝鮮は極端だからこそ、そこから見えてくるものがある。今の俺に見えてくるのはこれくらいだ。しかし、ひとまずこのくらいにしておこう。

今の北朝鮮が取るべき方向は国際協調であることは言うまでもない。

やることなければ勉強しよう。Let's,improve!